×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


世界リポートの日常?



 愛知県某所・えちからちゃんねる運営事務局。ここにはラジオ収録ブースが併設されている。
「今回の『Line戦線異状なし』は──『警察無線』ですね、判りました」
 収録ブースに入りスタッフと打ち合わせをしているのは「さくらの♪世界リポート、ねくすとっ!」のサブパーソナリティ、荒畑百花である。名古屋の大人気ユニット「MS W」に所属する姉を持つ中学三年生であるが、この番組に参加して以来姉よりも人気が出てしまったという不思議な魅力を持つ。
「しかし何故こんなマニアックな話題に?」
 幼さの残る彼女が聞く相手は、黒い三角帽子とマントに身を包んだ人間。放送作家の役割をこなそうと頑張る愛知川香良洲だった。なお、決して怪しい人物ではない。かけてい るメガネは伊達だけど、決して。
「まあ正直、ネタ切れです」
「あっさりと真実を暴露しないで下さいよ……」
 二人が打ち合わせを進める裏で、スタッフはジングルのテストなどを進めている。とは言っても特に効果音などは必要のない番組。放送作家がいつの間にかタイミングを指示し なくなったせいであるが、念のため一応セットはされていた。
「アバンのトークは──え、私達任せですか?」
 事前に配布された簡単な進行メモを見て、百花は驚く。
「うん、ガールズトークはやっぱりキツいよ。あまり深入りできないし」
「まあその辺りはさくら先輩と何とかしますけど……、どんなのになっても文句はなしですよ?」
「大丈夫大丈夫、編集かけるから」
「掲載三日前ですけど……?」
 そこに、
「来たぜ〜♪」
 ツイッターでの呟き業務を一時抜け出し、えちからちゃんねる広報の「えちからさん」がやって来た。なお彼女は一時的に暇を持て余しているため参加しており、三月末に「ね くすとっ!」編が終了するまでの期間限定出演である。それ以降は業務の都合で深夜しか空きがないため。百花が中学三年なので労働基準法の規定上時間が合わないのだ。
「あ、香良洲さんがアバンのネタを考えてって」
「そうだな〜♪ もうこのスケジュールに文句言っちゃえば〜?」
「いいですね、それ。──香良洲さんも文句ないですよね?」
「いや、他の話も……」
 作家側としては、あまり内輪ネタは取り上げたくない所である。
「善処します〜♪」
「と、いうことです。先輩が来るまでにある程度内容は固めておかなければなりませんし」
 打ち合わせは今回のテーマ、警察無線に移る。百花の手元には詳細な資料が用意されており、彼女の手でポイントなどがメモされていく。
「えっとまず県内系のと署活系ってのがあって……、あ、部隊活動系ってのもあるんですね」
「あとWIDEね。警察専用の携帯電話のようなもの」
 なおこれについては本番になって皆の頭から抜けていたのだが、打ち合わせの段階では確認している。
「そしてAPR形、SW形、UW形にそれぞれ対応していると。あ、WIDEってのはそれ自体が形式のようなものなんですね?」
「そういうこと」
「『Line』で出てくるのは、『県内系』『部隊活動系』の二つですよね?」
「そういうの、本番に言うのとかどう?」
「あ、いいかも」
 そういうやり取りを交えつつ、打ち合わせは進んでいく。そして本番予定時刻五分前。
「ギリギリでいつもすみません♪」
 MSWの人気一番手、徳重さくらがスタジオに入ってきた。現役の高校一年生であり、スケジュールもかなりハードな状態。しかし笑顔である。
「先輩、とりあえず今までは──」
 百花が簡単に、打ち合わせで決まった内容を伝えていく。あえて一般人に近い彼女を起用したのは、活動で忙しいさくらの負担をこういった形で少しでも軽減する狙いがあっ た。
「──オッケー。じゃあ収録いこっ♪」
「いつも通り途中から使っていくのでその辺りよろしく」
「使えるネタを最後にってことだね♪ 了解っ」
 自然に入っていくようにするため、最初の方は特に内容とは関係の話になることが多い。アバンタイトル部で使われるのは終盤のごく一部である。
「じゃあ何から話そっか?」
「そうですね……そういえばこの前、近所のネコがでんぐり返しをしてました」
「ネコってそんなことするんだ♪」
「いや、たまたまかもしれませんけど」
「どんなネコでしたか〜?」
「えっと、普通の三毛だったと思います」
「じゃあ多分メスだね♪」
「そういえば三毛猫は遺伝子の関係で大半がメスなんですよね」
「聞いたことありますよ〜♪」
「でオスには繁殖能力がない場合が多かったり。まあ割と有名な話だけど♪」
「イヌだとでんぐり返しするんでしょうか?」
「うーん、まあ超小型犬なら出来そうな感じが」
「ドーベルマンがやったら恐いかも〜♪」
「でもチワワとかならいけるよきっと♪」
「一時期ブームになりましたね。確かCMでしたっけ?」
 だんだんと会話は盛り上がってくるが、収録の時間にも限界がある。放送作家がカンペで指示し、百花が話題を持っていく。
「そういえばさくら先輩っていつも大変ですよね」
「そう? まあ慣れちゃったから♪」
「ギリギリで入ってくる予定とかあるんですか?」
「そうだね……確かに多少はあるかも」
「テレビとかですか〜?」
「まあ時々。そういえば──」
 そしてここからが、実際の「さくらの♪世界リポート、ねくすとっ! 第21回」で使われた部分である。
「──香良洲さんの予定って正直ギリギリだよね♪」
「まあ押してますからしょうがないですよ。解消する努力もしてますし」
「来週は『増刊号』もあったりしますがね〜♪」
「あ、どうするんだろう?」
「色々遣り繰りすれば……」
「ま、多分何とかなる♪」
「それはそれでいいんですかね」
「大丈夫なのです〜♪」
 実際に使われたのはここまでであるが、会話は続く。
「その辺りのスケジュールの予定についてどうお思いですか、香良洲さん♪」
 話をいきなり振られ、放送作家役に徹していた香良洲は驚く。
「まあ増刊号もありましたし……今後ゆとりが出てくるんじゃないかと」
 ちなみにそれは事実である。原稿の上がり方が半端ではないスピードになりつつあった。
「え〜?」
「まさか、そんなことはありませんよ」
「嘘つき♪」
「……」
 放送作家の言葉が出なくなった所で、一旦収録が切られた。

「ありがとうございました〜♪」
 アバンタイトルのみ参加の「えちからさん」が収録ブースから退出し、一旦仕切り直しのため確認作業が再度行われる。
「えっと、オープニング後のトークからスタートですよね?」
 最後にさくらが確認し、放送作家の役割をしている香良洲が頷く。
「では適当なタイミングでどうぞ」
「ラジャーっす。百花ちゃん、大丈夫?」
「問題ありません」
「じゃあいきますか♪」
 コホン、と咳払い。右手で前髪から耳にかかる髪を払い、さくらの本番モード。
「改めまして、徳重さくらです♪」
 百花も続けて入る。
「荒畑百花です。念のため話しておきますが、今週は掲載の三日前から書き始めていますよ」
「この後のことを考えれば充分ギリギリだけどね♪」
 放送作家役の香良洲、苦笑い。まあ仕方がないことである。
「とにかく、さくら先輩は早くコーナーを始めましょうね」
 百花にフォローされ、いよいよ面目が立たない。
「オッケー。『Line戦線異状なし!』ということで今回は警察無線について♪」
「また何とコアな話題を」
 この辺りは事前の打ち合わせ通り。とはいっても百花の正直な感想ではあるのだが。さくらは資料に持ち替え、あらかじめメモした要点をチェックしながら説明を始める。
「まず現在の警察無線は主に四種類に分けられるよ。でも治安上の都合やプライバシー保護の観点で全てデジタル化されてたり。まずは『県内系』。これはその都道府県警察が管 轄する全域をカバーするために使う県内共通の帯域で、警察署はもちろんのことパトカーなど警察車両にも無線機が設置されてる。使われる無線機はAPR形というよ」
「なるほど」
「中継局を通して広範囲との通信が可能だから、本編中だと現地対策本部と第一中隊長間のやりとりがそちらだね」
 次の説明にいくようにとの指示が、百花に伝えられる。うまく切り替えるには話題振りが不可欠だからだ。
「あと確か、部隊活動系ってのがあったような」
 「Line」本編からの振りは打ち合わせ通り。百花自身の発案である。
「正解♪ これはUW形っていうんだけど、主に機動隊で使われる無線形式。他にもまあ、必要に応じて使われてたり。無線だから実際にはコールサインがあるだろうけど、そう なると描写が煩雑になるのでその辺りは省略をかけてるよ?」
「では交番のお巡りさんが着けてるようなあれは、なんですか?」
 この振りは「Line」本編に描写がなかったため。放送作家役による提案である。
「それは『署活系』。SW形っていうんだけど、警察署単位でやり取りをする無線。今回は出てきていませんが。香良洲さんの今後の作品に期待しましょう♪」
 ここで時間のチェックがかかり、放送作家役のエンディング突入指示。資料もブースの机で散乱していたため、四種類目「WIDE」の解説をしていなかったことには気付かず エンディングパートに突入する。
「……まあ、無茶振りがかったところでエンディングだそう。そういえば明後日は何だかんだで更新可能だそうですけど、何かやるんですか?」
 百花は若干の違和感があったが、とりあえず指示を守って進める。
「『殺す気か!』と香良洲さんが見てるので、多分何も。でもまあ、いつも通り『イラスト』とか描くでしょ?」
 さくらは気付かず、そのまま普通に進めていく。ちなみに話題になった日の更新は行われなかった。
「……とりあえず期待しないでお待ちください」
「『えちからさん』がツイッターで呟いてますよーってのはいつも通りのお知らせだね。そして来週は『増刊号』とかがあります♪」
 毎月一日(木曜の場合には翌日)には「増刊号」と銘打ち、さくらとその先輩・鶴里 翠の番組が掲載される。
「……どうせ私は出ませんけど」
 これは百花の正直な感想。本当ならば出たいが色々な都合があって出られないのだ。
「香良洲さん、ちゃんとネタ考えといてよ? ──という所で今回はおしまい。徳重さくらと♪」
「荒畑百花でした」
「まるっ!」
 最近何故かさくらがハマっている挨拶。ラジオ由来であるが、現在ではアニメで出てきているためブースの中で「まるっ」と手で大きな円を描く仕草も行っている。
「……何の関係が?」
 百花が呟いた所でエンディングの音楽がかかる。今回の収録はこれで終了となった。
「今回もまあ、何とかなりましたね」
 百花が一回溜め息を付いた後呟くように言う。確かに内容的にはあまり上手くはいっていないが、何とか形にはなったという感じである(ミスにはまだ気付いていない)。
「時間的にもギリギリって感じで♪」
 時刻は午後七時五十二分、労働基準法の関係で八時には収録を終わらせなければならないのだ。
「じゃあ百花ちゃん、一緒に帰ろっ♪」
「さくら先輩、仕事は?」
「もう入ってないよ? どっか寄ってく?」
「そうですね、なら夜御飯に何か食べたいです」
「奢るよーっ♪」
「そんな、いいです……」
「じゃあお疲れ様でした♪」
 二人は笑顔を振り撒きながら、収録ブースを出ていく。しかし編集作業はまだまだ続くのだ。
 編集が終わって番組が形になった時、時刻は〇時を回っていた。



(C)Echigawa karasu 2012

リンクは次のURLにお願いします。


BACK

Tweetボタンなどはこちらに。