×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


机上詩同好会〈第2幕〉


また別の日のこと。
「ねぇ、この詩いいことない?」
 彼女が言ってきた。俺は机の上に書かれたその詩を読んでみる。

どうして あなたは
旅立ってゆくの?
別れなんて
なければいい
なかったら
悲しまずに済むから

「俺は、この詩に付け足したくなるな。」そう言うと、
「じゃあ、付け足してよ」彼女はそう言ってきた。

けれど 旅立つ時はきっとくる
旅立った後にまた 人と巡り逢う
まるで水を抜いて また水を入れ始めた水槽のように
限界量はあるけど、たくさんの人に出逢えるよ

「へぇーすごいね」彼女はそう言ってきた。そして
「実はこの詩、私が書いたんだ」
「え?」訳が わからなくなっていた。
「私が思ってることそのままなんだよ。」
 彼女はクラリネットをかばんから出して組み立てた。
「吹くの?」「うん」
 彼女のクラリネットの音色は、心に染みる、そんな感じ。
 ここは机上詩同好会、部員二名。机に落書きされた詩を評価するのが活動内容。
「そういえば、」
 彼女は突然切り出した。
「私、そろそろ寿命かな」



(C)Echigawa karasu 2008

リンクはメニューページのURLを御利用下さい。

BACK MENU NEXT